平凡な日常の中で思うこと


by hammsamm
カレンダー

<   2008年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

なぜだか手に入れたもの

友達のお母さんにスーパーの前で遭遇した。

米の袋を抱えていたので
持ってってあげるよ。て米を受け取ったら

あんた、それあげるよ。
あきたこまちね、意外においしいのよ。

って、なんでなんで?
いやいやいやいいよいいよ、今買ったばかりじゃん。
いいっていいって。
店先で米袋の押しつけ合いしてた。

なぜか5キロのあきたこまち抱えて帰ってきた。

エドはるみも抱えきれない夢と感動抱えて帰ってきた。

まあ、正直、このマラソンにもちっとも感動出来なくなってきたけど。
[PR]
by hammsamm | 2008-08-31 21:12

夏のおわり

おばあちゃんちに行ったら
おばあちゃんは留守で、姉と二人で帰りをじっと待っていた。
一人暮らしのおばあちゃんの冷蔵庫を開けたら
中には腐りかけの果物詰め合わせが籠のまま突っ込まれていて
他に食べるものがなんにもなかった。

おばあちゃん、いつも一人で何食べてるんだろう。
せめて海苔の佃煮でも入ってたらよかったのに。
お料理上手だったのに、一人じゃ食べてくれる人もいないもんね。
今にもごはんが炊き上がりそうな炊飯器がしゅーーーと湯気を立てていて
ああ、私たちが久しぶりに帰ってきたから
ご飯炊いて、おかずを買いに行ってるのかな。
そう思ったら
悲しくて、淋しくて、嬉しくて、
うわーーーんと声を上げて大泣きした。

トイレに行ったら
尿と共に夢がどろどろ溶けて流れ出てきた。
あ・・・あれ?
おばあちゃんはもう帰ってこない。
死んじゃったんだ。
ああ、これは夢か・・・
夢・・・え?夢!?
おしっこ!ねえ、おしっこ!!!!どうしよおしっこ!!!!!

ぐわんと飛び起きたら・・・!!!!
ほっ
なんにも垂れ流してなかったよ。
ふえ~あぶない。

籠に入った果物はお盆のお供え物だったんだね。
[PR]
by hammsamm | 2008-08-29 16:11

違いますから

マタニティ用品を物色していたら
店員さんが親切丁寧にいろいろ説明してくれました。

アドバイスに従って商品を選び
プレゼント用にしてください。
て言ったら

はっ!!

とした表情で
あ、贈り物ですね。
って、声にあせりが滲んでました。

あたし、妊婦に見えましたか?
ねえねえ、妊婦かと思ったん?

違うから。この腹違うから。
[PR]
by hammsamm | 2008-08-29 01:07
わかる人だけわかってもらえればいんだけど

JR車内の液晶モニターに登場するトレインクリニックのおねえさんが
色気づいてきてます。
田舎の農協勤務って感じだったのに
今日なんて髪がお蝶婦人みたく、くるんくるん巻かれちゃって
地味な顔に似合わない派手なアクセサリーつけてんの。

あぜ道だらけで通れやしないのに
馬鹿でかいベンツをひけらかしてる大地主の馬鹿息子いるじゃん。
最近あいつと付き合い始めて変わっちゃったらしいよ。
真面目そうないい子だったのにねえ・・・

とにかく
最近の変貌ぶりが朝から気になって仕方ない。

それと
料理のレシピを紹介してるサッポロだかキリンだかのキャンギャル。
江頭ひなた
ってんだけど
名字にわざわざ「えとう」ってルビふってるのは
絶対に、絶対に、ずえーーーーたいに、
「えがしら」とよむなよ。
ってゆう全力のアピールだと思う。
本当に、本当に、ほっんとーーーーに、
「えがしら」って言われるのが嫌なんだと思う。

そうえいば
最近みつをの言葉が気にならなくなってきた。
慣れって恐ろしい。
[PR]
by hammsamm | 2008-08-28 16:19

ただいま

東京に戻って一番にすることは
デブ猫はーちゃんのお迎え。

はーちゃんたらやっぱりずっと不機嫌で
今日になってやっとごはんを食べたらしい。
私の顔を見ると うなーうなーと鳴きながら
肩から背中を歓喜のダンスでよじ登ってきた。

うわーーん、そっかそっかごめんよお
と涙の対面を果たしたわけだが
あれは歓喜の舞ではなくて怒りの鉄拳だったらしい。

肩にこんな模様が。
e0143470_19445768.jpg


げっそり痩せて軽くなったかと思いきや
やっぱり重いぞはーちゃん。
祭囃子の太鼓や笛の音が響く中(高円寺は阿波踊り!)
ぜいぜいしつつ家に着くと
ごはんをがつがつ、水をがぶがぶ、うんこもりもりして
ぐったり眠りについた。


旅行中寝ぼけ眼で深夜に書きなぐったメモには
へろへろの文字で

象並に食べたのに
はーちゃんほどのうんこしか出ない
うんこ出したい

とあったけど
ほとんど食べてないくせにはーちゃんの方が立派だった。

そういえば旅行中いつも便秘だったんだ。
下痢止めとか持ってってる場合じゃなかった。

なにはともあれ、はーちゃんもおつかれさん。

e0143470_19501637.jpg

[PR]
by hammsamm | 2008-08-25 20:04

帰国の朝

台風は通り過ぎ
飛行機はほぼ定刻通り飛ぶようだ。

昨日買う予定だったお土産を空港で慌てて選ぶ。
ホテル出発時間に30分遅れてきた男二人組のせいで
ものすごい慌ただしさ。
免税店で紹興酒を買おうとしたら
なにやら英語でまくしたてられ手にしていたお酒を取り上げられてしまった。
液体を機内に持ち込んじゃいけないらしい。
それは聞いてはいたけれど空港内で買った品ならいいと
現地の荒川良々(似てたよお)が言ってたのに。
良々が間違ってるのか店員が間違ってるのか。
再度他の店でチャレンジするもやっぱり買えなかった。
良々のうそつき。

考えてみれば飛行機に乗ること自体が久々だったので
窓の外を子供みたいに飽きずにじっと眺めてた。
e0143470_6514152.jpg

そこは空だけど海で、海だけど空で
もうすぐ大気圏突入ですか、もうすぐ宇宙ですか、とドキドキした。

機内食を食べてたら
e0143470_659624.jpg

隣のおじさんにはフルーツが付いてなくて
代わりにヨーグルトが2個付いてることに気付いて
妙なテンションに陥ってた私はそれがおかしくておかしくて
ヨーグルトがふたつううう ひっく
フルーツないのおお ひっく
おじさんカワイソス ひっくひっく
涙を流しながら笑ってしまった。
なにがそんなにおかしかったんだろ。

日本人に見えなかったおじさんが
のちに日本人だったとわかって
聞こえてたかな、聞こえてたろうな、おじさんごめん。と反省した。
[PR]
by hammsamm | 2008-08-25 07:09

嵐の中外へ出よう

夜にかけて更に勢いを増す台風の中
意地でも食べたい麻婆豆腐。
交通機関が麻痺してるといいつつも
地下鉄はこんなときに頼りになるわ。地下万歳。
車内には永遠と続くポール。
どう見てもポールダンスをしている女の子もいた。
e0143470_5561711.jpg


尖沙咀でなほちゃんと合流。
ほとんどの店がシャッターを下ろす中
麻婆を目指し決死の覚悟で嵐の中を進むと

営業してるの確認して予約までしたのに
閉まっとる!店閉まっとる!!!!
ホテルから出ない方がいいという地元の人の警告を無視してはいけない。

打ちひしがれる私たちが次に目指したのはマッサージ店。
日本人観光客が多く訪れるというだけあって
嵐の中でも営業中。えらいえらい。

アロマオイルマッサージは至福の時間。
パンツをペロンとめくられておしりもマッサージ。
恥ずかしくてえへへと笑いながらも気持ちええ。
続く足裏マッサージはまたしても悲鳴の連続。
悲鳴の度につたない日本語で
コシ、リンパ、カタ、イ、カンゾウ
と弱った箇所を教えてくれる。
心当たりあるとこばっか。

深夜にホテルに帰って近くのマックでテイクアウトした。
こんな時にも24時間開いてるマックにやさしさを感じた。
麻婆豆腐がハンバーガーに・・・
e0143470_616329.jpg


明日は早朝に出発だ。
飛行機飛ぶのかなあ。


そこら中、嵐の中でも出没する5人組。
さっさはこの5人組を見るたび異常なほどはしゃいでたよ。
e0143470_7144153.jpg

[PR]
by hammsamm | 2008-08-25 06:32

そして台風

つづきは明日と思ってたけど
眠れないので一気に更新。

3日目
98%との確率とはかなりの確率だと今更ながらに思い知らされる。
台風情報を逐一電話で知らせてくれるなほちゃんによると
かなりやばいらしい。
グループ展のオープニングパーティも中止。
一番の目的が・・・昨日作品ちら見しといてよかった。
昨日のまずい出前一丁の残骸が悲しさをあおる。
片付けといてくれないんだもん。
使用済みのコップもそのまんま。
e0143470_5365649.jpg

まあ、これは私たちにも落ち度があって
チップを置いてくの忘れちゃったんだよねえ・・・
たぶんその仕打ち。
さっさの知恵で悲しさに蓋をしてこのような形状に。

とは言っても
ホテルの部屋で一冊ずつ持ち寄った本を読んだり
昼寝をしたり
昨日お持ち帰りしたチャーハン食べたりパンを食べたり
腐ることなくのんびり過ごす。

煙草こええ。さっさが死んじゃう!!
e0143470_6172514.jpg


それでもなんだか楽しそうなさっさ
e0143470_5451045.jpg


それともやけになってるのか
e0143470_5454471.jpg


ホテルの下がショッピングモールになっているので降りてみたけど
お店はほどんど閉まってた。
外はこんなことに。
e0143470_5324381.jpg


ビクトリアピークから眺める予定だった100万ドルの夜景も中止。
これ見なかったら香港に来た意味なしと言った
トムが恨めしい。
[PR]
by hammsamm | 2008-08-25 06:31

食べたぞ香港

朝粥はかなりのボリュームでしたが
かなり歩いて小腹も空いてきた。
点心を食べるのも旅の目的のひとつ。

e0143470_1461351.jpg


ぷりぷり海老餃子とみたことのない貝がうまし。
貝ながーーーい。
e0143470_1491097.jpg


女人街(偽物たくさん)や男人街(ここは昼間見てもつまんない)をぶらついて
九龍島一番の観光スポット尖沙咀へバスで移動。
バスの乗り方わかんないくせに。
わからぬまま小銭を投入していくもどうやらお釣りが出ないらしい。
軽く損した。
この辺りは高級ブランドやデパートが並んでいるものの
そういった買い物にまったく興味のない私たちは足つぼマッサージへ。
マッサージ店の客引きうようよ。ここでもおばちゃんが働き者。
頼れる女の値段交渉成功。
あうっ ぐえっ いーーっひひ(痛すぎて笑っちゃう)と悶絶するたびに
ニヤリとするSの女王様。
e0143470_275058.jpg



九龍島の目的スポットはほぼ制覇し(8時間歩き回ったもん)
スターフェリーで香港島の湾仔へ。
e0143470_225414.jpg

このビルたちが明日100万ドルの夜景の中に登場するはず。

香港旅行の一番の目的は
友人のなほちゃんと香港アーティストらのグループ展を見るためだったのだ。
翌日のオープニング準備をしているアニエスbのギャラリーでなほちゃんと合流。
かなり道に迷ったけど。
そうそう、香港の道路はとにかく向こう側に渡る場所が異常に少ない。
目の前にあるすぐそこに行きたいのにあっちまわったりこっちまわったりで
そりゃ迷うよお。
道を聞いたおじさんは知りもしないくせに教えてくれようとするもんだから
とんでもないとこ連れてかれそうになった。
おじさん、ニューヨークから来てるらしい。
知らないなら知らないと言ってくれ、親切なおじさんよ。

なほちゃんのキュートでポップな作品をちら見して
お楽しみの夜ごはん。
湾岸道路をとばすタクシーから1万ドル分くらいの夜景を眺める。
西湾河にある上海家庭料理のお店は昼間アートスクールになってるらしく
さすがにおしゃれ。

前菜からしてこんな量
e0143470_2353639.jpg


なほちゃんの香港フレンドら総勢8名でも
積極的に食べてるのは日本人だけ。
紹興酒を積極的に飲むのも私たちだけ。

e0143470_2412817.jpg

蟹うまーーー。
手づかみでがつがつやっとったら
爪から血がにじんでいた。
なほちゃんがげらげら笑いながら英語で
指怪我してやんの。(たぶん)と香港フレンドに説明したら
真顔で心配されて
やさしさに感動しつつも恥ずかしかった。

さっさも蟹と格闘
e0143470_247673.jpg


こんなのや
e0143470_2503882.jpg


こんなのや
e0143470_2505528.jpg


他にもいろいろ。
蟹のときの余裕はどこへやら
腹が、腹があああ!!もういっぱいいっぱい。

デザートは別腹だけど
e0143470_2525476.jpg


チャーハンはお持ち帰りにしてもらう。

香港っ子いわく
明日は台風が98%の確率で上陸するから
そしたら店はほとんど閉まるしホテルから一歩も出れなくなるとのこと。
そしたらこのチャーハンのありがたみがわかるねえ。
とお気楽に笑っていたことが現実となるとは・・・

そうは言ってもたいした事にはなんないでしょ。
と信じて疑わない自信はどっからきていたのか。

念のためコンビニで水と食料の確保をして就寝。
[PR]
by hammsamm | 2008-08-25 03:09

香港だわーい

頼りになるできる女さっさ(年下)と香港へGO!
チケットの手配やらなにやらすべておまかせ。ありがとう。

1日目
空港からの車中で現地コーディネーターのトムに
香港での注意事項やら観光スポットを聞きつつホテルに到着。
トムいわく
香港に来て100万ドルの夜景を見なければ香港に来た意味なし。
すべて自由行動にしていた私たちですが
そこはぬかりなく3日目の夜に計画してるぜ、トムよ。

すでに夜の11時を回ってたので
ホテルの下にあるセブンイレブンでカップラーメンと水を購入。
出前一丁香港仕様。
スープはうまいのに麺が細くてぼそぼそ。まずっ。

2日目
MTR(地下鉄)で佐敦へ。
朝粥がうまい。
地元民の食べ方を盗み見て
揚げパンをお粥につけながら。

ピータンと豚肉がごろごろ
e0143470_0452519.jpg


ガイドブック片手に下町を探索。
できる女さっさは実は地図が苦手であった。
けど私よりはかなりましなので頼る。
日差しの強さよりも湿度に参った。
この辺りの香港おやじは基本上半身裸かランニングシャツ。
そして公園でも店先でもぐーたら弁当食べてたり新聞読んでたり。
アパート(?)にはベランダがないので
洗濯物やらダクトやら室外機やらがでこぼこに飛び出てる。
綺麗なお店が並ぶ繁華街でも見上げるとこんな光景に。
e0143470_1344324.jpg



玉器市場でもおやじはぐーたら。
それに反しておばちゃんはやる気満々。
電卓片手に「カワイイ」「キレイ」を連呼しながら商売、商売。
ちなみに、かわいいもきれいもアクセサリーのことだけど。
翡翠を中心に水晶やらビーズやら。
e0143470_1121114.jpg

ふっかけてくるので粘って値段交渉。
さてさて成功したのか、おばちゃんほくそ笑んでるのか。


青空市場は濃厚な匂いと熱気でむんむん。
e0143470_118536.jpg

e0143470_1195415.jpg

e0143470_1202276.jpg


ぶひっ
e0143470_1212010.jpg


ぶひっぶひーーーっっ
e0143470_1215323.jpg



ぐーたらおやじが生息する公園のすぐ脇は道教寺院。
e0143470_1245143.jpg

e0143470_1255467.jpg

神様、ぐーたらおやじをなんとかしてください
e0143470_1264246.jpg

[PR]
by hammsamm | 2008-08-25 01:41