平凡な日常の中で思うこと


by hammsamm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

どっち?2

カギ片手に自動改札通ろうとしちゃうよねうっかり



定期券でカギ開けようとしちゃうよねそれむり



どっちが多いーーー?



あたしはカギで改札
あんまりしょっちゅうだからもう驚かなくなった
[PR]
by hammsamm | 2009-06-29 16:55 | Comments(0)

ロビタくん

ロビタ熱に侵されて
買ってしまった

オークションデビューしちゃった

e0143470_21232588.jpg



ヒョウタンツギとスパイダーとロビタの3点セット
素晴らしい人(?)選

残念なのは
ロビタがあまりにかわいいので
大事にしまいこんじゃいそうなことです・・・

浮かれ気分で帰りにまん喫で
さっさお勧めの「奇子」を2巻まで読む

戦後GHQ占領下で起きた未だ謎多き「下山事件」が題材です

柴田哲孝著「下山事件ー最後の証言」はおもしろいよー
ヘタな推理小説よりずっといい

手塚熱はしばらく続きそうなので
あのまん喫はセカンドハウスになりそうです
[PR]
by hammsamm | 2009-06-26 21:38 | Comments(0)

どっち?

テーブルにはソース置いてないのソースかかって出てくるのソースの量少ないの三枚重なってる一番下のカツなんて3分の1くらいしかソースついてないの



米に対してカレーの量があきらかに少ないのどう考えても対比間違えてるの最後カレー風味の米もそもそ食べんの



どっちがやだあ?
[PR]
by hammsamm | 2009-06-25 15:02 | Comments(2)

手塚治虫展

見てきたよ

e0143470_20545618.jpg


小学生のときに書いた漫画や
中学生のときに記した昆虫手帳(圧巻!!)
連載時の漫画の原稿やセル画などなど
どどーんと展示

たぶんこれに気づいたのは日本でも私一人だと思うけど
手塚治虫て

すっごく

絵がうまい

これって
美空ひばりって歌うまいんだよ知ってた?
ってレベルね、ごめん

女の子がすっごくかわいい(特にリボンの騎士のサファイア)
あと、大人の女性の巨乳率高し

手塚氏は多くのアニメを生みだして高い評価を受けているけど
やっぱり漫画の人だと思う
動いているアニメよりも漫画の方が躍動感あるんだよね不思議と

一番好きな手塚キャラクターは
火の鳥に出てくるロビタってゆうロボットなんだけど
私の中のロボットランキング第1位です

ー神よ、ロビタを救いたまえー
この名シーンは何度読んでもジーンときます

ロビタのストラップがあったら買おうと思ったんだけど
ロビタ関連のグッズひとつもないの
人気なさすぎロビタ
むかーしどっかで売ってるの見たんだよね
ガラスケースに入って8000円くらいしてさすがにあきらめたけど
あんとき買っとけばよかったなあ

ロビタロビタ
名前もすごくいいでしょ

ロビタほしー
[PR]
by hammsamm | 2009-06-22 21:16 | Comments(4)

怒涛の合格

みすず学苑て
みんな絶対気になってるはずなんだけど
特にそれについて誰かと熱く語ったことはありません

ここのトップの写真見づらいけど
車内広告ステッカーがこれで(ドアに貼られてるやつね)
これはさーどうなの、やっぱウケを狙ってるわけ?
笑かそう、笑かそう、としてるわけ?
むしろ、ものすっご腹立たしいのは私だけ?
720度くらいまわってやっぱ笑っちゃう
けど絶対笑ったら負けな気がする
のは私だけでしょうか

どっちにしても
人の感情を逆なでしにかかってることは間違いないと思う

どうせならCMギャラリーもごらんになっていってください

それとさっき知りましたが
みすず学苑の 学苑 が 学園 じゃないってのは
どうゆうことなの
なんで叙々苑みたいになってんの

て字はよく見ると
なんかこわい
[PR]
by hammsamm | 2009-06-19 16:30 | Comments(6)

おいしい血

若い女の子の血はおいしいんだろうねえ

おばあちゃんはいつもそう言いながらムヒを塗ってくれた。

もう若い女の子じゃないのに
どうやらかなり血がおいしいみたい。

あっという間に11か所刺されてました。

必死よ、蚊も。
これ逃したら次はいつになるかわかんねえ!
と思ったかどうかは知らないけど
必死さは伝わった。どんだけ生きたいんだ。

発狂 と書いて かゆい と読むよね。

あ~~~~~ばりばりばりばり
ん~~~~~ぼりぼりぼりぼり

どんだけ痒いかってゆうと
昼のカレーライス残しちゃうくらい。
のりと間違えて封筒に液体ムヒをぬっちゃうくらい。

いやあすばらしいよムヒの浸透力ったら。
ぐんぐん浸透しますよ液体ムヒは。
結構な厚さの封筒だってのにやるね液体ムヒ。
中の書類にまで浸透だもの。
ふにゃふにゃだもの。
郵便局員が水たまりに落としちゃったってことでいいよね。
波打っちゃってるもの。


あとさ
足の裏ってどーーーしてこんな痒いの
手の指の股も痒いよね
よくまあそこ狙ったな、蚊、って思うよね。


こんな足じゃ
水着のグラビアは無理ね。困っちゃう。
[PR]
by hammsamm | 2009-06-18 15:34 | Comments(1)

追記

そういえばと思い
身近なアイドル博士に期待しないで聞いてみたら

あっさりタイトル判明しました

「ピンクのタオル」
そうだそれ!

歌詞を書いてメールしたら
ずっとそう頭で歌ってた歌詞の間違いも指摘されました

だってCD持ってて聴きながら、歌詞も見ながら答えてくれてんだもん
キィーくやしい
CD貸そうか?って言ってくれたけど

買いますから結構です
買います!絶対!
[PR]
by hammsamm | 2009-06-16 19:21 | Comments(0)

一心同体

中2の時に好きだった先輩が
少女隊の大ファンで

とりあえず聴け
いいから聴け

1stアルバム 少女隊phoon

をカセットテープにダビングしてくれた

好きな人の好きな音楽だと思うと
胸がきゅんとなって
歌詞を自分の気持ちとシンクロさせながら(恋する少女はみんなするよね)
夢中になって聴いていた

このアルバム一枚だけです聴いたのは

でも他はいいや
ってくらいすばらしいアルバムです
今思えば好きな人の好きな音楽だからじゃなくて
名曲ぞろいなんだ

レイコの声がいいんだよねえ



3人いるのにまったくハモらない
青臭いけど甘い3人の声が重なるのがすごく好きです



けど私が一番好きだった曲の映像はなかった
というか
タイトルが思い出せなくて
すごい歌詞検索とかいろいろしたけどわかんなくて
少女隊ファンの集うBBSに辿りついたので
歌詞の一部載せて教えてって書き込みしときました

あっ!!!
知恵袋か教えてgooに聞けばよかったのか
まあいいや

今日の少女隊検索
日本で一番だと思う

ああでもどうして急に少女隊を思い出したのかが思い出せない
[PR]
by hammsamm | 2009-06-16 17:25 | Comments(2)

かさぶたはむきたくなる

おしゃれとは努力と忍耐である

と、かの有名なココ・シャネルは言った
かどうかは知らないけどたぶん言ってないけど
私はそう思う

冬に生足とか意味わかんない寒いじゃん
とか
冬に売ってる半そでの意味もよくわかんないし
これ下にババシャツ着たら見えちゃうじゃん
とか
これヒール高すぎ足痛い
とか
手入れがめんどくさそー
とか
アイロンかけなきゃだからやだ
とか
白はだめ赤ワインこぼすから
とか

そうゆうこと言ってるようじゃもうだめよ
って思ってるわけ
でもそうゆうこと言っちゃうの

痛いとか寒いとかほんと我慢ならないんだけど
特に靴ずれは、あれはもう心の底から忌々しく思うわけ
靴脱ぎ捨ててさ
そんで、ギィーーーーーーーーて奇声発しながらアイスピックでズタズタにしてさ
穴ぼこだらけになったズタズタの靴をさ
猫のうんことるシャベルがわりにして
ちっ!!なにをしても役立たずだな!!って悪態ついてさ
ついでに夜の校舎窓ガラス壊してまわりたくなるじゃない

でもなんでそれをしないかっつうと
大人の女は裸足で歩いちゃいけないこと知ってるからです
友人の結婚式で慣れない靴をはいて
2次会で酔っ払っちゃって帰り道で裸足になっちゃうって設定で考えてほしんだけど
そこで裸足になっていい大人の女は
永作かキョンキョンか麻生久美子くらいしかいないと思うのよ
そうゆう自制心がまだ働いてるからあれだけど
だから靴ずれしなければいい話で

それでも
どーーーしても欲しくなっちゃった靴があって
履いてみたら危険な兆候はあったんだけど
少しくらい痛くても我慢しようと思ったのね

そしたら
案の定足痛くなって
すっごい立派な水ぶくれができてて
もうね、すっごい立派なの!
見せたい、けどそこもまだ自制心あるから写真は載せないけど
ひゃっほーって自慢したくなる水ぶくれで
すごいぷにぷにで気持ちいんだよこれが
いや足は痛いけどね
そんでさ絶対やぶりたくなるじゃん
針でぷっ刺したくなるじゃん
もちろん刺したんだけど
出てきた水の匂い、嗅いじゃうよねとりあえず

無臭でした
[PR]
by hammsamm | 2009-06-12 17:59 | Comments(3)

読書感想文

悼む人」 天童荒太

「永遠の仔」で直木賞逃して
なんでこの作品で受賞?
「永遠の仔」の方がずっと悲惨で壮絶だけど
読み物としておもしろかったのに
(以下ネタバレあり)

死生観なら手塚治虫の方がよっぽど共感できるし
なかなか明かされなかったある男の死の真相だって
焦らして引っ張って出てきた台詞→「きみから生まれたい」にしても
寺山修司の「おまえを妊娠したい」 「僕を妊娠してください」 と言った台詞の方がぐっとくる

死者を悼む旅を続ける主人公の
なんとなく胡散臭く偽善者めいた印象は最後までぬぐえず
私には「死」に取りつかれた変人としか映らなかった

見ず知らずの他人の死を悼む前に
癌で余命わずかの母のことを
息子の帰りをずっと待ち続ける母のことを
愛情いっぱいそそいできた母(と家族)のことを
少しは考えろ、と言いたい
旅を続ける中で、母が病気で帰りを待っているらしいことを知っても
帰らずにどこの誰だかも知らん人の死を追いかけてんだからね、この男は

偉い人にも金持ちにも貧乏人にもいい人にも悪い人にも
死はおとずれる
そうゆう意味で死は誰にでも平等だと言いたいなら(言いたいっぽい)
天寿をまっとうした病死や老衰死だって同じ死なわけで
そうゆう圧倒的に多いであろう死を無視して
事故や事件や自殺といったショッキングな死ばかりを追ってるのも嫌な感じだ

とはいえ
このおはなしと主人公に吸引力というか抗えない力みたいなものがあるのも確かで
死や死者に引っ張られて、息苦しくて
途中で何度読むのをやめようと思ったことか
あまり精神的によろしくなかったなあ

はちゃめちゃな方が
どーんと突き抜けてる方が
ばーんといっちゃってる方が
単純で豪快なのがいいや、今は
[PR]
by hammsamm | 2009-06-11 16:28 | | Comments(0)