平凡な日常の中で思うこと


by hammsamm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

猫の日

2月22日は
にゃーにゃーにゃーで猫の日

猫の日は
愛猫とごろんごろんするために
いない人は猫みたいにごろんごろんするために
お休みにしちゃえばいいのににゃああああ

そして
はーちゃんの四十九日でもありました

四十九日って何したらいんだっけ
はーちゃんのことをいっぱい思い出しながら
寿司くって酒飲むんだっけ
寿司ない場合はどん兵衛でいいってウィキペディアに書いてあったよ

あと
アイス食べたら安らかに成仏できるって
ウィキペディアに書いてあったよ

書いてあったよ(強い言い張る)

アルバムめくったらはーちゃんがいっぱい


まだ来たばっかりの頃、前のおうち
ちっちゃい!!まだ鼻が黒い!!
はーちゃんがいるのばれて追い出された・・・
e0143470_013627.jpg


e0143470_02082.jpg


2歳にもなるとすでにふでぶてしさと貫録が
e0143470_043321.jpg


今年の1月4日亡くなる前日
特等席のお布団でまどろむはーちゃん
e0143470_044819.jpg


まだ処分できずにいた毛まみれのマットやトイレ
いや、ずぼらだからとかそうゆんではけしてなくごにょごにょ
もう片付けなきゃな

はーちゃんの肉体は実家のお庭
この部屋にいた魂も遠いところにいっちゃった

さみしいさみしい

でも
深夜のどん兵衛とアイスはうまい
[PR]
by hammsamm | 2012-02-23 00:16

読んだ本

メモメモメモ


さらば雑司ヶ谷  樋口毅宏
IWGPと不夜城足して2で割ったみたいな話だなと思ったら
あとがきでリスペクト(オマージュだっけな)してるとはっきり書いてあった
セックス、ドラッグ、暴力、宗教、
闇世界で生きる人間を描いたノワール小説としては特に新しくもないけど
タモリのオザケン話はよかった
と言うか、あそこだけでいいや
ラストはまんま不夜城
知ってる人はにやりとするかもしれないけど
オマージュです、と言ってしまえばここまでマネしていいのか、と思うなど


ララピポ  奥田英朗
ここにダメ人間終結
ララピポとは a lot of people のこと
人間が堕ちていくきっかけは単純であっけない
人間は簡単に踏み外すし、あっけなく死んでしまう
と、おもいきや
人間てなかなか死なないし、したたかでしぶとい
ってことが、どうしょうもない底辺でただ生きてるってことだけで
よかったじゃん、て肩を叩きたくなるような
ダメだけと、なんか幸せ


共喰い  田中慎弥
(ネタバレあり)
ずっしり重いテーマ
女に暴力を振るわずにいられない父と
その父の血を引くことに怯えながらもやはり暴力を振るってしまう息子
恋人を父に犯され
母が父を殺すというどうしようもなく救いようのないラストなのに
安堵感と満足感が漂う不思議な余韻
それにしても、女は強い


道化師の蝶  円城塔
これまた不思議な幻想的な
つか、よくわからない!
過去と未来がいったりきたり、一人称があっちこっち
言葉を複雑な幾何学模様のように編み込んだ
単調なようで細部まで計算つくされた刺繍のような
捉えたようでするりと通り抜けてしまう蝶のような物語
(川上弘美の選評がすばらしいです
 都知事の選評もある意味すばらしい)


殺人鬼フジコの衝動  真梨幸子
親に虐待され、子供に虐待する残酷なループ
断ち切れないカルマ
後味の悪い終わり方
気分悪くて途中で読めなくなったって人もいるようだけど
むしろすいすいあっという間に読んじゃった
しかし
「最後の一行を、読んだとき、あなたは著者が仕掛けたたくらみに、戦慄する! 」
って紹介文はどうなんだろう
べつに・・・(エリカ様)
[PR]
by hammsamm | 2012-02-16 16:45 |


高円寺ドキュメンタリーフェスティバルでみてきました

4人のドキュメンタリストが制作した震災ドキュメンタリーだと思ってたら・・・えええ・・・

あの日福島で何が起こったのか、岩手は、宮城は、どうなっているのか
人々はどのように暮らし何を思っているのか
そういった3.11の「震災」を伝えるのが目的の映画ではありません

「誰も観たくなかったはずのドキュメンタリー」てコピーとか
「遺体映して金儲けへの批判」とか
そんな触れ込みで過激な内容期待して観に行く人がいたとしたら

金返せ

って言いたくなるような内容です

震災2週間後に福島へ向かう冒頭部分からして
おいこれ大丈夫か、と不安がよぎります
ガイガーカウンターの数値が上昇するたびに大騒ぎして
きゃーこわいーこわいーしんじゃうよー
雨やばいー濡れたらしんじゃうよーしんじゃうよーいやーまどしめてーーー
てテンションの割になんの装備もしてきてなくて
近所のホームセンターでショッピング
マスクと合羽の間の隙間までガムテープでふさぎ
車のシートも機材もすべてビニールで覆い
よーし、もっと先までどんどんいっちゃうぞーてときに
タイヤのパンク・・・
あんなに怯えてた雨に打たれ息を切らしながら必死にタイヤ交換する男4人
通りかかった一般人の車を
た、たすけてーーーーって感じで止めるんだけど
換えのタイヤは?道具は?って聞かれて
タイヤも道具もあります!!
って・・・じゃあなぜ呼びとめた・・・
もう、完全にパニックに陥ってる4人
普通のマスク1枚だけの地元の人と男4人の装備の対比もなんかシュールです

結局
予備知識も装備もないのでこれじゃしょうがないっつって
福島を早々切り上げて次の被災地へ向かう4人なのでした

おーーーーい、なんだこれ
宿でさきいか片手にビール飲むシーンとか
サイズは?L?LLの方がいんじゃない?って会話が飛び交うお買い物シーンとか
そこいる??ねえそこいるか???

「男だらけのずっこけどきどき珍道中」
を永遠に見せられる拷問かと思いました
4人の入浴シーンまで出てくるんじゃないかと不安でした


中盤から後半にかけては
ぐっと胸に迫るシーンもあったけれど
ハンディカメラでの映像はピントもずれてるし
手ぶれはひどくて観てて酔っちゃったし
なーんか、なにもかもが中途半端

で、
上映後の監督4人によるトークイベントでその謎が解消されたのでした

元々目的は現認だけで作品にする意図はなかったこと
そして
この作品は3.11を伝えるのが目的じゃない
数々の事件・事故・紛争・災害等取材してきた男たちでさえも
なすすべもなく立ち尽くすしかなかったという現実
その男たちの姿は多くの日本人の姿でもあり
罪悪感、後ろめたさ、無力感・・・

醜態をさらしたある意味自虐的映画だと思った
見つめたのは「震災」ではなくて「自分自身」だったという・・・

胸をつく悲惨な津波の映像や
涙を誘う遺族の慟哭だったら
素人の投稿映像やテレビのニュースやドキュメンタリの方が秀逸です
そこを期待してたら絶対に裏切られますわよ
[PR]
by hammsamm | 2012-02-10 17:08

はじめてのふたり

そんなはずない  朝倉かすみ

婚約者に逃げられ、更に会社が倒産して失業者になった三十路女
不幸オーラ全身に漂わせて、妹にいい加減にしてくれと言われちゃう

うん、確かに、
恋人にふられてたり、失業したりってのは
不幸というか災難と言うか残念なことではあるんだけど
そうゆう人口多すぎて、その不幸人口多すぎて
あんただけが不幸なわけじゃないんだよ感ありすぎて
本人にとっては死にたいほどの出来事でも
まわりからすると、そこまで同情できませんってのが本音だ

実際この三十路女も
元彼とえっちしちゃうわ、すぐに新しい恋人はできるわ

ーおねえちゃんみたいに、口のはしに生クリームをくっつけて
  中指でとったりなんか絶対にしない ー
 妹から妬まれるのわかります

三十路女が10代の頃に描いていたライフプランを思い出して苦悩するシーン

 三十歳といえば、ライフプランでいくと、
 とうにふたりの子持ちになっている年齢である。
 また結婚できなかった、と思う「また」の部分が大きかった。
 「また」は「もう」にあっけなく繋がり、「もう」はすなわち、鳩子がだれかの 
 たったひとりに一生なれないかもしれないというのと同じだった。
 百まで生きる予定だというのに。
(本文より)

百まで生きる予定だというのに、で思わず噴いた
男にふられたり失業したことよりも
こっちの漠然とした不安がよぎる悲壮感の方がよっぽど泣ける

私も10代の自分からきたお手紙に
子供はふたりくらいかな?と書いてあったときとか
男運も金運もないけど長生きするって占い師に言われたときとか
もう、ほんと、泣けました

初めて読んだ朝倉かすみ
比喩表現がうまいなー
元彼と会ったあとのぬるりとした感覚を
「もどした干し椎茸くらいの手触り」って表現とかね
しかし比喩多すぎて、ちょっとなにいってんのかわかんないとこ
正直、ありました・・・



溺れる魚  戸梶圭太

こちらもはじめて読みました
気になっていた作家さん
こうゆうときってなにから手出していいのか迷っちゃうんだよねえ

で、これでよかったんかなあ・・・

映画見てないんだけど
小説よりも
あー映画みたい!!って感じ

です
[PR]
by hammsamm | 2012-02-06 15:05 |

まめまき

子供の頃は
大きな声出して

おにはーそと!
ふくわーうち!

豆まきしてた

家の中で物を投げ散らかしても叱られないってのは
子供にとって、とっても楽しい

巻き散らかしたあとは
床に落ちた豆を拾って食べるのもまた楽しい

何日経っても
どこからか豆の目撃情報が寄せられて
豆まきのあとしばらくは
豆探索するのも楽しい

節分の豆なんてたいしてうまいもんでもないのに
豆を探し求めて
見つけては
汚れてしけった豆を口に頬ぼる

子供って
本当に、単純でバカでかわいい

豆は一粒食べると力と知性がみなぎるのだ
私は地球を救う戦闘隊員で
豆をきらせるとパワーもライフも尽きてしまう
も、もうダメだ、このままでは死んでしまう・・・
よろめき、うめきながら豆を求めて彷徨い歩く
ついに、豆を発見すると
やったー、これで私の命も地球も救われる!
大事に豆を口の中で噛み砕くのだ

以上
子供の頃に豆を拾い食いしながらしてた妄想ごっこ

子供って
本当に、単純でバカで一人上手でかわいい
[PR]
by hammsamm | 2012-02-03 15:05

寒くて痛くて悲しい

寒さで震える夜に見る悪夢は、痛い

全身全霊で、痛い
全身全霊が、痛い
めいっぱい、痛い

ナイフで切り刻まれる夢をよく見る
本当に、痛い

やめてほしいと思う

今朝もまた何度も切りつけられて
しかも致命傷じゃないから痛いんだけど死ねなくて
じわじわ弱って死んじゃって
またすぐに生き返って
またまた何度も切りつけられて・・・(以下、くりかえし)

ゲームの中の英雄がどんなに辛く苦しいか
はじめてマリオの痛みがわかる人間になったのです

もういい、やめて、
ライフとか復活させなくていいから
また最初から痛いの繰り返しでしょ!


正月に実家からもらってきた毛布は
今まで使ってた1280円のペラペラのと違って
分厚くてもこもこですべすべでふわふわで
あったかいと思ったんだけどなあ

ものすごく、はーちゃんの毛並みに似ている
だけど、その毛布には―ちゃんの毛がついてない
それがとっても悲しくて涙出ちゃうし

はーちゃんが最後に使ってたブランケットにくるまって
はーちゃんの毛をみつけても涙出ちゃうし

まだ1ヶ月たってないんだもんなあ
ほんとうに、まだすぐそこにいるような気がしてしまう



枕に彼の毛をみつけても、ちょっと悲しい気持ちになる
また生えてきますようにと、そっと祈る
[PR]
by hammsamm | 2012-02-02 16:31