平凡な日常の中で思うこと


by hammsamm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

肉づきが本当にやぶあいことになってきて
とりあえず3年前は余裕で履けてたジーパンが再び履けるようになることを
人生における最大目標にして頑張ろうと思いました


思いました


て、すでに過去形・・・

なんとなーくゆるゆるとダイエットはじめたのが1カ月くらい前
話題の三木良介のロングブレス
必ず痩せるんだって

気付いたらやる程度のゆるゆるで適当にやってたんだけど
出来心でウエストサイズ測ってみたら
白目で泡吹いたので
毎日欠かさず日課にしたのねずぼらな私が

2週間以上たったけど

ウエスト2センチ増えて
二の腕は確実に更にむっちりしてきたし
太モモは左右の足の肉がぶつかって邪魔だなって思うようになってきました
体重はもう一年以上計ってないから知りません

そのうえ
普段使わない何か(筋肉かどうか不明な何か)を使うのが体にとって負担らしく
首が寝違えのようにがっちがっちになったり
夜中に悪夢で飛び起きる日が何日も続いたり

良介は上半身裸体をテラテラさせながら
「一緒にきれいになりましょう」と微笑みかけてはくれるんだけど
これ以上良介を信じてついていっていいのかわからなくなってきました

とりあえず2カ月、そこまでは続けてみようとは思いつつ
「ぱつんぱつんで着れなくなっちゃったけどまたすぐ着れるようになるはず」
なのに
3年以上経過しているTシャツ達を思い切ってゴミ袋に放り込んでやりました

やけになってる・・・
もしかしてやけになってるのかわたし・・・

99%の人が痩せたとしても
残り1%に私は含まれてしまうのではないか

100%の人が痩せたとしても
私のせいで99.999・・・%になってしまうのではないか

私が痩せないばっかりに
良介は「必ず」痩せると誇大広告することができなくなるのではないか

心配はつきません
[PR]
by hammsamm | 2012-07-19 16:46 | Comments(2)

東京島

さぼってるとほら、また忘れちゃった

何読んだか忘れちゃった



東京島 / 桐野夏生

無人島で女は自分ひとり
逆ハーレム状態で誰もが私を狙っているのよ

って妄想は
中年独身女妄想ランキングトップ3に入ると思うけど

その夢のような妄想小説かと思いきや
現実に起きた事件に基づいているそうで
ほえー常に現実は妄想の上をいく

女のたくましさは、ときに美しく、ときに醜く
桐野さんがお得意とする中年女を鬼気迫る勢いでかいてます

でも、でも、

史実に基づいているとはいえフィクションなんだけど
設定があまりにも雑過ぎる

誰も助けにこない
脱出したくてもできない(地形や渦潮の関係?)無人島
なのに
島に不法投棄するために定期的に(数年に一度?)日本のやくざやってくるし
数年の間に別々の4組もが漂流してくる島だしなあ

小説なんてリアリティー追及する必要ないし
ありえないようなはちゃめちゃな設定でもいいと思うけど

絶対的に孤立している閉じ込められた空間でドロドロに変貌していく人間をえがくなら
そこにだけはリアルが欲しかった

女ひとりに男31人
おばさんといえども島でたったひとりの女ってことで最初はモテモテ
自分をめぐって殺人までおきちゃって女としての悦びに酔っちゃってんだけど
最終的には

女っていたらいたでめんどくせーな、ババアだし

て扱いになってくとこなんかはおもしろかったけど




ついに読んだ KAGEROU は次回へ続きます(たぶん)


その間に読んだ文庫一冊がなんだったか全然思い出せない


しかし
「東京島」って今だと尖閣諸島みたいね・・・
[PR]
by hammsamm | 2012-07-18 15:58 | | Comments(1)

視線を感じて振り向くと
イケメンが

じーーーーーーーと

微動だにせず私を見つめていました

e0143470_0234657.jpg


彼をイケメンと判断することの賛否はさておき



足元ではスカートの中覗こうと身をひそめている奴もいます

e0143470_0264235.jpg


すました顔してすっとぼけてるかと思いきや

e0143470_0275234.jpg


にんまり(色は黒か・・・)



爪に人面瘡が出現したことがあります
赤ん坊少女タマミに似てました


天井のシミもほら
だんだん髪の長い女の形に・・・

ぎゃーーー!!
うそですうそです!!

こんなときだけ想像した未来を実現しないでください
お願いします
[PR]
by hammsamm | 2012-07-13 00:33 | Comments(0)

龍神の雨

龍神の雨  道尾秀介


両親を亡くし継父と暮らす兄妹
同じく両親を亡くし継母と暮らす兄弟
二組の兄弟が交錯して
嵐の夜に龍が動き出す


ひどいなこれ・・・

いや、作品の出来がじゃなくて
ストーリーが

恨み、憎しみ、恐怖心、猜疑心・・・
人間の想像が悪魔を創造していく様にゾッとする

思いこみ、勘違い、願望・・・
掛け違ったボタンひとつで大きく人生を狂わせていく
そこに読者自身も巻き込まれたような感じ

しかも
複雑な家庭環境で健気に暮らす
善良で家族思いの子供たちなんだもん
そりゃないよ、道尾さん

ラストで二組の兄弟の明暗が分かれるのも残酷だ

勘違いと思いこみとちょっとしたタイミングで殺された継父が
あまりにもかわいそすぎる
台詞がいっこも出てこないとこもかわいそう
[PR]
by hammsamm | 2012-07-02 16:06 | | Comments(0)