平凡な日常の中で思うこと


by hammsamm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

マスクの下は

マスクはいいよねー
あったかいし、シミもシワも隠れるし、化粧しなくてごまかせるし
マスクしてたら10歳若く見えるからね
ついでに花粉も防いでくれるんだって

いっそ覆面マスクが流行ればいいと思うよね
すべてにおいて勝ってるでしょ
保温保湿・シミシワ隠し・花粉対策

そんな話はさておき

年を取るごとにどんどん遠のいていく夢ってあるよなって
こないだしみじみ思ったの

夢なんてほとんどが年取るごとに遠のいていくもんだとは思うけど

富士山の頂に遺骨を撒いてほしい

それはまあ、うん、年取るほどどんどん夢に近づいてる感はあるけど

年金もらいたい

これもまあ、払ってれば、の話だけど

バスに無料で乗りたい
電車で席譲られたい
映画1000円で観たい


こうゆうのはそこまで生きれば誰でも享受できるものだしねえ

夢って大きなこと言っちゃって
席譲られたいもなにもないんだけど
ちょっとした願望とかそうゆうもんの話


コンビニで年齢確認ボタンタッチさせられるでしょ
おもに金麦とか金麦とか買うときに

身分証提示求められてみたい

ちょっとした願望って言うと
余計に恥ずかしいなこれ
そうじゃないんだ
未成年に見られたいとか思ってるわけじゃないんだ当たり前だが

未成年かどうか確認されるのって
年を取れば取るほどなくなるでしょ
もうその経験てどんどんなくなってゼロになるでしょ
わたしコンビニで年齢確認始まったときすでに誰が見ても大人だったから
身分証見せてって言われたこと一度もない

空港のゲートでブザー鳴らせてみたい

これならいくつになっても望みはあるじゃない

でも、でも

コンビニで身分証提示求められる

もうこの先ずっとありえない体験だってことに

わたし、きづいちゃった(小石を蹴飛ばしながら)

そんなこともどうでもいんだ

もっかいマスクの話に戻る
だって本当はこれは一番言いたかったんだ

マスクの下の自分の息が
飼ってた犬の口臭と同じで心配


一瞬ね、ほんの一瞬だから!
たぶんきのせいだから!!!
[PR]
by hammsamm | 2013-03-29 16:02 | Comments(1)

もう2年

ここ数日はずいぶんあったかくなったなあと思う日もあったけど
今日はとっても寒い
冷たい風が突き刺さります

2年前のあの日も
とっても寒かった
あの日どうしてあそこまで切実におうちに帰りたかったんだろう
わたしの場合ははーちゃんがいたからってのは明確で
もし、はーちゃんがいなかったら
そして、バイクで連れて帰ってくれる人がいなかったら
歩いてまで帰ろうとしたかなあ
やっぱり
どんなに歩いてもおうちに帰ろうとしたんじゃないかな



「とにかくうちに帰ります」 津村記久子

ってこのレビューはこないだ書いたんだっけね



植物図鑑  有川浩
空の中   有川浩
 

どちらもベタ甘だなー。
図書館戦争ではあんなに萌えたラブコメは
いまの気分じゃないのか設定の違いなのか

ちょっと甘すぎた



ここは退屈迎えに来て  山内マリコ

ツイッター文学賞で5位に輝いたこの作品
デビュー作なんだもんねえ
すっごい楽しみな作家さんだ

わたしが投票するとしたら
柴崎友香さんの「わたしがいなかった街で」かなーと思ってたんだけど
これ読んだら
いやまて、これかも!これが一番かも!思ったくらい
あーもーほんとおもしろいよこれ

珠玉の名言たくさん出てくるから取り出して紹介したいけど
もうおうちかえる時間なんで(仕事中です、ええ)
絶対おもしろいから読んだらいいよ

笑えて少し哀しい
[PR]
by hammsamm | 2013-03-11 17:53 | Comments(0)