平凡な日常の中で思うこと


by hammsamm
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

変らないということ

結婚して引っ越してからなかなか会えなくなった友人と久しぶりに会って

あれ?こんな感じだったっけ・・・
変っちゃったなー・・・

それが
なんだかすごーく悲しくて何日も引きずってたんだけど

変ってしまった友人が悲しいんじゃなくて
変らない自分が悲しんだよなあ

て気づいたら余計にへこみました

変らないねー

と言われたらそれを褒め言葉と受け取っていたし
自分も他人に対していい意味で使ってたけど

40も過ぎて20代の頃と「変らない」と言われたら
それはちょっと生活とかいろいろね、改めた方がいんじゃないの


ずっと変らずにいることが大切なことのように
青春ソングは言うけれど
モラトリアムから抜け出せずに年ばっかとっていくのは
全然かっこいいことじゃない

「変っていくこと」より「変らずにいること」の方が
ずっとずっと楽なんだよね

年を取れば取るほど
自分の生き方や価値観を否定するのって
勇気も精神力も必要になるし

石原慎太郎見てて
いい加減少しくらい変れよ
と感じたこともあいまって

「変らない」ということを考えてました

変ることは悪いことじゃない
ただし
老けた・太った・禿げた等、見た目に対して
「変ったねー」というのはどう考えても褒めてないので気を付けてください
[PR]
# by hammsamm | 2013-04-08 16:14 | Comments(1)

マスクの下は

マスクはいいよねー
あったかいし、シミもシワも隠れるし、化粧しなくてごまかせるし
マスクしてたら10歳若く見えるからね
ついでに花粉も防いでくれるんだって

いっそ覆面マスクが流行ればいいと思うよね
すべてにおいて勝ってるでしょ
保温保湿・シミシワ隠し・花粉対策

そんな話はさておき

年を取るごとにどんどん遠のいていく夢ってあるよなって
こないだしみじみ思ったの

夢なんてほとんどが年取るごとに遠のいていくもんだとは思うけど

富士山の頂に遺骨を撒いてほしい

それはまあ、うん、年取るほどどんどん夢に近づいてる感はあるけど

年金もらいたい

これもまあ、払ってれば、の話だけど

バスに無料で乗りたい
電車で席譲られたい
映画1000円で観たい


こうゆうのはそこまで生きれば誰でも享受できるものだしねえ

夢って大きなこと言っちゃって
席譲られたいもなにもないんだけど
ちょっとした願望とかそうゆうもんの話


コンビニで年齢確認ボタンタッチさせられるでしょ
おもに金麦とか金麦とか買うときに

身分証提示求められてみたい

ちょっとした願望って言うと
余計に恥ずかしいなこれ
そうじゃないんだ
未成年に見られたいとか思ってるわけじゃないんだ当たり前だが

未成年かどうか確認されるのって
年を取れば取るほどなくなるでしょ
もうその経験てどんどんなくなってゼロになるでしょ
わたしコンビニで年齢確認始まったときすでに誰が見ても大人だったから
身分証見せてって言われたこと一度もない

空港のゲートでブザー鳴らせてみたい

これならいくつになっても望みはあるじゃない

でも、でも

コンビニで身分証提示求められる

もうこの先ずっとありえない体験だってことに

わたし、きづいちゃった(小石を蹴飛ばしながら)

そんなこともどうでもいんだ

もっかいマスクの話に戻る
だって本当はこれは一番言いたかったんだ

マスクの下の自分の息が
飼ってた犬の口臭と同じで心配


一瞬ね、ほんの一瞬だから!
たぶんきのせいだから!!!
[PR]
# by hammsamm | 2013-03-29 16:02 | Comments(1)

もう2年

ここ数日はずいぶんあったかくなったなあと思う日もあったけど
今日はとっても寒い
冷たい風が突き刺さります

2年前のあの日も
とっても寒かった
あの日どうしてあそこまで切実におうちに帰りたかったんだろう
わたしの場合ははーちゃんがいたからってのは明確で
もし、はーちゃんがいなかったら
そして、バイクで連れて帰ってくれる人がいなかったら
歩いてまで帰ろうとしたかなあ
やっぱり
どんなに歩いてもおうちに帰ろうとしたんじゃないかな



「とにかくうちに帰ります」 津村記久子

ってこのレビューはこないだ書いたんだっけね



植物図鑑  有川浩
空の中   有川浩
 

どちらもベタ甘だなー。
図書館戦争ではあんなに萌えたラブコメは
いまの気分じゃないのか設定の違いなのか

ちょっと甘すぎた



ここは退屈迎えに来て  山内マリコ

ツイッター文学賞で5位に輝いたこの作品
デビュー作なんだもんねえ
すっごい楽しみな作家さんだ

わたしが投票するとしたら
柴崎友香さんの「わたしがいなかった街で」かなーと思ってたんだけど
これ読んだら
いやまて、これかも!これが一番かも!思ったくらい
あーもーほんとおもしろいよこれ

珠玉の名言たくさん出てくるから取り出して紹介したいけど
もうおうちかえる時間なんで(仕事中です、ええ)
絶対おもしろいから読んだらいいよ

笑えて少し哀しい
[PR]
# by hammsamm | 2013-03-11 17:53 | Comments(0)

インサイド・ジョブ

こうゆうのは観てすぐに感想書きとめとかなきゃなーて思うんだけど
夏休みの日記を1カ月分一気に書いてたタイプです

「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」

インリン・オブ・ジョイトイじゃないから
世のお父さん方は騙されないように





リーマンショックによる世界的経済危機
アメリカ経済破綻の原因はなんだったのか?悪いのは誰なのか?
何十年も前からヒタヒタと忍び寄っていたその経済危機をなぜ止められなかったのか

さすがアメリカやることでかいなー
金融界が仕掛けたでっかい詐欺事件だよなー
政府もその詐欺事件の片棒担がされちゃった感じ

腹を立てながら観る人は多いと思うけど
私はもう途中で何度も笑ってしまって
もーさードラマみたいなんだよね
悪人とそれを糾弾する正義の人と
それぞれの役割をきちんとわかっていて演じているみたい
小心者のくせにずる賢い証券マンとか
あんた絶対役者でしょ!って言いたくなるくらいそのキャラにぴったりなんだもん

金融界と政界の癒着
バブルで銀行は返せる当てもないような金をどんどん貸し
はじけたあとの行き場のない不良債権
多くの庶民が破綻する一方で私腹を肥やし続けるごく一部の特権階級

これって日本のバブルもおんなじだよなーって思いながら観てたんだけど
上映終了後ゲストの堤未果さんが

同じようなことは実は日本でも起きている
いままで表に出てこなかっただけで

とおっしゃったので

え???
まんま日本のバブル崩壊じゃん

て思ったんだけど・・・

最近それが表に出てきた例として原子力村をあげていたので

ちょっとなんか・・・うーん・・・
むしろわかりずらくない?
日本の金融界と政界の慣れ合いと怠慢でおきてしまった
バブル崩壊後の庶民の憤りの方がそのまんまでわかりやすいと思いまつよ・・・

堤さんは
マスコミがトップで扱ってるニュースなんて
もっと重要なニュースを隠すためのものだからどうでもいいことばかり

ってこともおっしゃって
原発事故のときもマスコミはすべて隠ぺいしてた
東京電力(スポンサー)からの圧力で真実を報道できなかった

とこんなことまで言いだしたので
私はちょっと不安になってしまった

堤さんのファンらしきお客さんが
堤さんのおかげでいままで騙されてたことに気づきました
本当のことを教えてくれてありがとうございます

と熱く語っていたのも更に不安になってしまって

あのとき隠ぺいされた事実は確かにあるんだろうし
マスコミは政府の御用機関と言いたい気持ちもわかるんだけど・・・

震災後に取りざたされたリテラシー

マスコミは信用できない
マスコミは嘘ばかり

って人たちの一極性の方がわたしはよっぽど危険だと思うけどな


追記:金持ち=悪いやつ
   って偏見は、偏見だと思いつつもぬぐえなかったんだけど
   それは偏見じゃなくて確信に変わった
[PR]
# by hammsamm | 2013-02-18 14:52 | Comments(0)

今年も行ったよ

第4回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル

今年は5作品観ることができた

森達也セレクション
NNNドキュメント ひめゆり戦史・いま問う国家と教育(1979年)

ひめゆり隊とはなんだったのか
彼女たちは自ら望んで従軍したのか
従軍は日本軍の命令だったのか
県から軍へ協力の申し出があったのか
学校独自の判断で協力を申し出たのか
終戦から34年後
ひめゆり部隊の生存者、遺族
学校関係者や軍関係者を訪ね歩き
その多くの人の証言が重なってひとつの真実に・・・ならない
AはBが悪いといい
BはCが悪いといい
CはAが悪いという

まだ10代の幼い少女達がその命を落とさなければならなかったのは
誰の責任か

まるで藪の中

語る老人それぞれの真実があるんだろうけど
もうほんっとに憎たらしい老人てこんなに憎たらしい顔になるもんかってくらい
殺意すら覚えたわ(もう死んでるだろうけど)

多くの人が苦しみながら死んでいったという事実だけがある

残された遺族としての悲しみと
生き残ってしまったうしろめたさとしての苦しみ
思いは人の数だけ全部違っているけれど
だれもがみんなあの戦争を憎み恨み悔いている

NNNドキュメント 空白の戦史・沖縄住民虐殺35年(1980年)

日本軍による住民虐殺があっという沖縄の地に
その虐殺に関わった元通信兵が謝罪の旅に出る

いやもう何がおどろいたって
軍の指令書??みたいな文書に

標準語話さない敵な
って書いてあったことで!

おいおいまてまてwww

もう全然笑いごとじゃないんだけど
後頭部どつきたくなる感じ・・・

それで
おまいスパイけてーい!!

て住民たち殺されてったんだぜ・・・

なんたる理不尽

戦争なんてすべて理不尽の極みだけど

*****************

ふたつとも日本テレビが制作、ディレクターは森口豁
上映後に森達也氏と森口氏のトークイベントで
撮影秘話(?)や当時のドキュメンタリーと今のドキュメンタリーの違いについて
お話を聞くことができました


これは第1回目からいろんな方のお話聞いてて
みーーーーんな同じようなお話になるのが面白いんだけど

演出とやらせ

真実と事実

このへんの論争はきっと尽きることがないんだろうな
[PR]
# by hammsamm | 2013-02-12 16:58 | Comments(0)